Skip to content(本文へジャンプ)

オピニオンダイバーシティ

優秀であれば、男性も女性も関係ない、動物でもいいんだよ。

有史以来、馬や牛が使われていたことからもわかるように、人間は本来、優秀であれば、動物だって使います。それなのになぜ、女性活用が進まなかったのでしょうか。

歴史を振り返ってみると、まず、人間のマッスルを補う代替として馬や牛が活用されました。続いて産業革命により、マッスルを代替するものが機械に変わったわけです。

とはいえ、仕事のほとんどはマッスルを使うものが大部分を占めていました。男性は女性よりもマッスルが優れているため、男性が外、女性が内というのは合理的な選択でした。

ところが1975年にエポックメイキングなことが起きたのです。まず、第三次産業が50%を超えるとともに、国際婦人年として男女差別撤廃が呼びかけられました。この年を契機にマッスルからブレインの時代へ移行したわけです。

さらに、その頃、登場したコンピュータはブレインを代替するものとして台頭し、ますますマッスルの必要性が相対的に下がっていきました。ブレインの能力で言えば、小中高大と、学校の成績は女性のほうが良いんです。もちろん、学校の成績と社会の成果は別ですが、社会に出た途端、男性ばかり活躍しているのはおかしいですよね。

日本における「失われた20年/30年」の大きなファクターは、女性を家に閉じ込め、人口の半分を活用しなかったことだと思っています。その間、欧米は女性活用にまじめに取り組み、日本は男女雇用均等法も抜け穴だらけでジェンダー・ギャップ世界114位ですから。

家の仕事から解放された女性と、筋力から解放された男性とが、ブレインの世界で協働しましょうということ。そして、これまでの男性社会とは違う発想でもってイノベーションを起こそうということなんです。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェアする
  • 人で勝つ

    言葉いかんによって、そのアウトプットが劇的に変わる「人」は、経営資源における最大の差別化要因。だから私は、その「人で勝つ」経営を掲げ、人事をやっています。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 変革

    変革は難しくない。100点満点を狙うから難しいだけ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 社員は普通の人

    人事の相手は「普通の人」なのに、「普通の人」に理解できない制度を作ってしまう。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 強さと良さ

    20世紀は「強い」企業が勝ったが、21世紀は「強くて良い」企業が勝つ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • リーダーシップ

    リーダーシップ育成のポイントは、セルフリーダーシップ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 人事戦略

    人事戦略はゴールがあって初めて作られる。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • ダイバーシティ

    優秀であれば、男性も女性も関係ない、動物でもいいんだよ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • グローバル化

    グローバル化もダイバーシティ。最高に強くなって世界で勝つための手段。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 生産性

    日本のフォロワーシップは世界一。それにふさわしいリーダーシップを。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

more