Skip to content(本文へジャンプ)

オピニオン人で勝つ

言葉いかんによって、そのアウトプットが劇的に変わる「人」は、
経営資源における最大の差別化要因。だから私は、
その「人で勝つ」経営を掲げ、人事をやっています。

ヒト、モノ、カネ、情報……。経営資源にはいろいろあります。中でも、「言葉」一つで、生産性を5倍にも10倍にも高められる特殊な経営資源、それが「ヒト」なのです。

実際、「やる気溢れる」社員は、ただ単に「満足している」社員に比べて、2.25倍もの高い生産性を発揮するというデータがあります(ベイン・アンド・カンパニーとEIUの合同調査)。

一方、会社・職場に「満足していない」社員になると、「やる気溢れる」社員との差は実に3倍以上に広がります。

この「ヒト」という経営資源を最大化させることが、つまり、「社員が最高のパフォーマンスを発揮できるように、やる気を引き出し、組織を整えること」が人事の本来の役割なのです。制度やルールを作り、運用することは、その手段の一つに過ぎません。

たとえば、私の在籍時代のGEのアニュアルレポート(2008年)をご覧いただければわかると思いますが、平均して一人あたり競合他社の約2倍の生産性(従業員一人あたりの売上高: GEの566千ドルに対して競合他社は294千ドル)が実現できています。これが「人で勝つ」経営のモデルケースの一つです。

そう、人事は「人で勝つ」経営のためのキーファクターであり、それこそが私がキャリアを通じて一貫して実践してきたこと。もし「たまたま人事に配属されたから」というスタンスで取り組んできた方がいるのなら、「人で勝つ」ための人事を追求していただきたいのです。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェアする
  • 人で勝つ

    言葉いかんによって、そのアウトプットが劇的に変わる「人」は、経営資源における最大の差別化要因。だから私は、その「人で勝つ」経営を掲げ、人事をやっています。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 変革

    変革は難しくない。100点満点を狙うから難しいだけ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 社員は普通の人

    人事の相手は「普通の人」なのに、「普通の人」に理解できない制度を作ってしまう。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 強さと良さ

    20世紀は「強い」企業が勝ったが、21世紀は「強くて良い」企業が勝つ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • リーダーシップ

    リーダーシップ育成のポイントは、セルフリーダーシップ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 人事戦略

    人事戦略はゴールがあって初めて作られる。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • ダイバーシティ

    優秀であれば、男性も女性も関係ない、動物でもいいんだよ。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • グローバル化

    グローバル化もダイバーシティ。最高に強くなって世界で勝つための手段。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

  • 生産性

    日本のフォロワーシップは世界一。それにふさわしいリーダーシップを。

  • Twitterでシェア

    Facebookでシェアする

ニュース

  • 2020年6月28日~2020年7月1日
  • 日本能率協会による「SHRM 2020 Annual Conference & Exposition」プログラムにラーニングアドバイザーとして参加予定でしたが中止になりました。

more